STEPの爆上をピタリと的中!!
Move to Earnに複数投資する新手法!!
情報ほしい方のLINE登録はコチラ

仮想通貨で稼げる情報とタイミング

Move to Earnへの新たな投資手法

Move to Earn

Move to Earn投資の大枠

STEPNで人気や知名度が上がった「Move to Earn」という言葉ですが、今年はこのトレンドが続くと考えています。

Move to Earnのプロジェクトの魅力は、歩くなどの運動でお金(トークン)を稼ぐことができる点です。

数ヶ月前までは、数えるほどしかなかったMove to Earn関連の銘柄(プロジェクト)ですが、今では数多くのプロジェクトが存在しています。そして今後も増えていくことが予想されます。


Move to Earnの銘柄(プロジェクト)の多くは、スマホ(アプリ)で歩数などを運動活動を記録しますが、1つの運動で複数のアプリへデータを併用することが可能なものも多くあり、まとめて稼ぐことが可能です。

ならば、複数のMove to Earnのプロジェクトに投資して(活用して)いったほうが、より効率的に稼ぐことが可能です。

Move to Earn投資の内容の大枠としては
『Move to Earn銘柄に複数投資していこう』というものです。



人気のMove to Earn 銘柄をリストにしています。(随時追加予定)
投資していく銘柄についてはコチラを参考にして下さい。
コインマーケットキャップ – Move to Earn銘柄リスト

直近の相場状況と投資手法

直近の仮想通貨の相場状況としては、下落や底値圏であると考えられるので、このタイミングで仕込む・準備することは、今後起こるであろう上昇で大きな利益を生みます。



では、どのような方法が安全で確実に大きな利益を積み重ねることができるでしょうか?


その答えが、(Move to Earn銘柄へ)複数投資すること「ポートフォリオを組むこと」だと考えています。
そしてリバランス(再分配)することで、収益を拡大できると考えています。


ポートフォリオ(アセットアロケーション)を組むとは、複数の銘柄に投資することですが、ただ複数の銘柄に投資するだけでなく、持っている資金・資産の全体に対してどういう割合・分配で投資するかを決めて運用していくということです。



仮想通貨でポートフォリオを組むことのメリットは、仮想通貨に詳しい人・詳しくない人、資金がたくさんある人・ない人に関わらず稼げ、今の相場状況やトレンドで最適解であると私は考えています。

なぜ投資は難しい?稼げない?

仮想通貨に限らずですが、何かに投資する際に難しい点が2点あります。
(難しい点とはすなわち、利益を上げるポイントでもあります。)


①どの銘柄に投資をするか?
②どのタイミングで売買するか?

その2点が正解ならば、投資で利益を上げることができます、
厳密には、②が正解ならば利益を上げることができます。①が正解ならばより簡単に稼げたり、多くのチャンスがあることになります。


では、①と②を正解にするためにどうすれば良いか?



①に関しては、今度上昇が期待できる(お金が集まる)Move to Earnの銘柄へ投資をします。

他の銘柄(プロジェクト)で気になるものがあれば、ポートフォリオに組み込むことはOKです。
(※ポートフォリオのすべてがMove to Earn銘柄でなくて良い。)

(もし、あなたがMove to Earnや仮想通貨全体が上昇しないと予想するならば、この方法は適していないです。)



②に関しては、「何」に投資するかよりも「いつ」売買するかのほうが重要事項です。

例えば暴落ということで言えば、
先日から起こった暴落前にSTEPNに新たに投資していた場合、いくら良い銘柄であっても、一時的には損失している人も多くいます。
(銘柄が良いので、タイミングが悪くてもいずれ収益となります。)


例えば暴騰ということで言えば、
自分が持っているトークン(仮想通貨)が暴騰して大きな利益が出ていたとしても、それを高値で売り抜けることが上手くできず、その後下がっていき、せっかくの利益が目減りしてしまったことは誰しもが経験があるのではないでしょうか?


相場は上げ下げがあるのが常ですが、それを予測してベストなタイミングで売買をすることは難しいですが、ポートフォリオを組みリバランスすることでそれらを解決することができます。


ポートフォリオ組みリバランスして運用することは、リスクを可能な限り減らしたり、利益を安定的に増やすことができることですが、1番のメリットは売買のタイミングが半強制的に行われることです。しかも、ベターなタイミングで売買が行われます。

ポートフォリオやアセットアロケーションとリバランスって何?

今のトレンドであり、今後も資金がたくさん入ってくるであろうMove to Earn銘柄の上昇益を、ポートフォリオを組むことによって、可能な限りリスク少なく、安定的に大きく稼ぐことができる手法ですが、「ポートフォリオ」「アセットアロケーション」「リバランス」など専門的な言葉も多く、中々イメージがわかないと思うので、少し具体的な例を交えて説明します。


ステップ1—[ポートフォリオ/アセットアロケーション]

Move to Earn 銘柄のトップ10銘柄をそれぞれ10ドルづつ購入


ステップ2—[リバランス]

A銘柄が上昇して15ドルになったら、上がった分の5ドルを売却して下落して5ドルになってたB銘柄をその5ドルで買い増し。



基本的な流れはこのようなことを繰り返し行っていきます。

リバランスすることで、上昇(暴騰)したものをちゃんと利食うことができ、下落(暴落)したものを、ちゃんと安値で購入することができます。
つまり、売買がベターなタイミングで半強制的に行われ続けます。



Move to Earn銘柄のトークンを複数保持して「ポートフォリオ」を組み、価格が上がったものの一部を売却して、価格が下がったものを買い増すというのが基本的な流れ「リバランス」ですが、Move to Earn銘柄のどういったバランス(割合)で、どれくらいの期間でリバランスするかは各自の好みや判断になります。


株式投資などの長期投資でのリバランスは、通常の年に1、2度程度です。頻繁なケースでも3カ月に1度くらいの頻度です。

各自の投資判断や投資戦略の考え方によりますが、仮想通貨ではもう少し頻度があっても良いのではと思います。期間を目安にするのではなく、上昇益を目安にす方法もあります。例えば、もしくは30%上昇したら1度リバランスするなどのルールでも良いと思います。


スタートのタイミングとしては、資金に余裕があるならば今の状況ならばそろそろスタートしても良い頃合いだとは思いますが、今はまだ下落トレンド最中(数日の小休止)である可能性も大きいので、ちょっと様子見が良いと思ってます。
(試しで、興味のある通貨をチョット購入してみるのはありだとは思います。)


売買のタイミングや相場状況の解説などは、Move to Earn銘柄でポートフォリオ組んでいく戦略を、今後TwitterやYouTubeやLINEで情報発信していくので、気になる方はフォローお願いします。
また、LINEオプチャではメンバー同士の情報交換やいろいろな分析を行っていきます。


Twitte – ゲームで資産運用

YouTube – ゲームで資産運用

LINE – ゲームで資産運用

Move to Earnに複数投資(ポートフォリオ戦略) – オープンチャット

Move to Earnポートフォリオ戦略の収益ポイント

Move to Earn関連の銘柄でポートフォリオを組む戦略での収益のポイントは2つあります。

– トークンの上昇による売買益
– Move to Earnによる収益


なぜ今Move to Earn関連の銘柄でポートフォリオを組む戦略を行うかというと

・Move to Earnが人気があるから(資金が集まるから=上昇するから)
・下落相場、安値・底値付近と思われるから

人気があるということは、それだけ多く稼げたりチャンスがあるということです。
そして、下落相場の次に起こるのは横ばいもしくは上昇相場です。

そのようなタイミングでポートフォリオ(複数の銘柄に投資)を組むことは、かなり有効な投資手法です。
(ポートフォリオ/アセットアロケーションではリバランス(バランスの調整)を行います)

「ポートフォリオ」を組むことの一番のメリットの1つに、売買のタイミングで大きくハズすことが少なくなります。(ベストではなくベターですが。)



そして、今の下落相場の後に起こることは、「A.一時的な反発(上昇)」や、「B.横ばい後・停滞後の上昇」です。


A.やB.での上昇はいつ起こるか予測するのはなかなか難しいです。
しかし、ポートフォリオ(リバランス)をすると、それらのタイミングで収益を狙うのが安易になります。

また、これらの上昇は全てのMove to Earn銘柄で同じタイミングでは起こらず、銘柄ごとに違って起こる可能性が高いので、上昇した銘柄に対してリバランスをすることで、大きな利益が狙えます。


このイメージを例えるならば、地面からタケノコが勢いよく飛び出したものを、次々に収穫していくような感じです。

【ポートフォリオ】
1つのタケノコが飛び出すのを待って1点集中で待って収穫するよりも、ある区間全体に対して備えて飛び出してきたものから順次収穫していった方が、より多くのタケノコを収穫することができます。


【リバランス】
飛び出してきたタケノコを収穫し、その収穫した場所ではなく、タケノコが飛び出してくる可能性が高い新たな他の区間に対して備える




銘柄の対象としては、リストでお伝えしたコインマーケットキャップ – Move to Earn銘柄リストで3000番台以上が良いのではないかと考えています。

実際にMove to Earnが稼働しているトークンのみでポートフォリオを組むという戦略も良い方法だと思います。

そして、「トークンの上昇による売買益」は「リバランス」する以外にも、一定額になったら「Move to Earnによる利益」のために投資することも行います。(靴の購入など)

基本は「トークンの上昇による売買益」で稼いで運用して、まとまった額が稼げたら「Move to Earnによる利益」のために投資でする流れが良いと考えています。

Move to Earnのトークンについてはステーキングやファーミングができるかなども考慮したい内容です。



これまでに説明してきた内容は2つある収益のポイントの「トークンの上昇による売買益」です。
もう一方の「Move to Earnによる利益」はMove to Earnのプロジェクトごとの収益性を分析して、より多く稼げるものに投資していくという流れです。


STEPNをやっている方も多いと思うので、STEPNに例えると

イメージとしては、各プロジェクトを1つの靴ととらえる感じです。

例えば、AAAAというプロジェクト(銘柄)の場合は、Move to Earnで稼ぐのに必要な資金が

必要資金 6万円
M2Eによる月収 3万円

このような表記で各プロジェクトの収益性をまとめてデータベース化して更新していきます。
(これが例えると靴の性能みたいな感じですね)

これがBBBBという靴の場合はどうか?
これがCCCCという靴の場合はどうか?

というように、プロジェクトごとのMove to Earnのポテンシャル(性能)を一目瞭然にしていって、基本的には性能の高い靴(プロジェクト)に投資していって靴を増やし、Move to Earnの収益を拡大していく流れです。

プロジェクトによって複数アカウントが可能かだったり、他のプロジェクトと併用可能かなども重要な要素となります。

あまり稼げない靴(プロジェクト)は売却して、より稼げる新しい靴に履き替えることも積極的に行っていきます。



以上のことがMove to Earn銘柄への複数・全体への投資(ポートフォリオ)を行う内容となります。

各Move to Earn銘柄の情報や収益性が一目でわかるようにデータベースは別ページにまとめていきます。更新情報や追加情報は各種SNSを参考にして下さい。


Twitte – ゲームで資産運用

YouTube – ゲームで資産運用

LINE – ゲームで資産運用

Move to Earnに複数投資(ポートフォリオ戦略) – オープンチャット